製造技術
Technology

長年培ってきた確かな技術

創業以来、機械部品加工一筋で歩んできた叶精工には、さまざまな課題を解決することで培ってきた確かな技術があります。また、機械の設備投資を積極的に行うことにより最新鋭の設備を揃え、高品質の製品を生み出しています。確かな技術と品質が評価され、大手機械メーカーの認定工場に指定されています。

 

大物部品加工に対応した設備

門型5面加工機5台を中心に、テーブル型横中グリフライス盤、ラジアルボール盤など、最新鋭の設備を積極的に導入しています。高性能なマシンを複数台所有することにより、より柔軟に納期にお応えします。加工サイスでは最大W2500×L6000×H1500までの大物を加工することが可能です。

ユニバーサルヘッド及び小型ヘッドを導入

5面加工機の一部にユニバーサルヘッド及び小型ヘッドを導入しています。ユニバーサルヘッドは斜めの角度に対して穴あけや面削りの加工を行えるようになります。小型ヘッドは、通常のヘッドでは入らない、筒の中のような狭い空間にも入り込んで加工かできるようになります。これらのヘッドを導入することにより、複雑な形状にも対応できるようになります。

 

期日通りに納める工程管理

当社では、大物から中物の部品加工を一品から量産まで対応しています。基本理念にある『確かな品質のものを、期日通りに納める。』を確実にするため、工程管理に力を入れています。多品種・少量生産では煩雑になりがちな工程管理に最新の生産管理システムを導入し、納期に確実にお届けする体制を整えています。

確かな品質を約束する品質管理

品質マネジメントシステムISO9001:2015を取得し、製品の品質を継続的に評価・改善する仕組みを整えています。製品の検査を専門に行う検査部門を設け、全品検査により、確かな品質の製品だけをお届けしています。

幅広い被削材に対応

お客様のニーズに合わせ、鋳鉄(FC鋳物、FCD鋳物)、鉄、アルミ、ステンレスなど、さまざまな被削材に対応しています。

一括受注を可能にするネットワーク

技術力の高い協力会社と連携をとり、材料の手配、製缶加工、ターニング加工、熱処理、表面処理、研削加工、小型部品加工、組立など、すべての工程を一括で請け負う体制を整えています。

TOP